HOME > 中国での公開講座

顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司

中国での公開講座

2014年開講スケジュール

2014 顧彼思公開講座スケジュール

 (上海、台北、香港、北京)

 
都市 日程 時間 科目 会場&付注
上 海
(HR体験セッション)
06/25(水) 9:00-17:00 クリティカルシンキング
(コミュニケーション)
上海辉盛庭国际公寓酒店会议厅
台 北 06/21(土) 9:00-17:00 クリティカルシンキング
(コミュニケーション)
犇亚国际会议中心
06/22(日) クリティカルシンキング
(問題解決)
香 港 07/03(木)~ 07/04(金) 9:30-17:30 Critical Thinking Pasona Education教室
※英語で実施
上 海 07/18(金) 9:00-17:00 クリティカルシンキング
(コミュニケーション)
上海辉盛庭国际公寓酒店会议厅
07/19(土) クリティカルシンキング
(問題解決)
07/25(金) リーダーシップ
07/26(土) 影響力
08/01(金) ビジネス
プレゼンテーション
08/02(土) ビジネス
ファシリテーション
11/20(木) クリティカルシンキング
(コミュニケーション)
11/21(金) クリティカルシンキング
(問題解決)
11/27(木) リーダーシップ
11/28(金) 影響力
北 京 12/04(木) 9:00-17:00 クリティカルシンキング
(コミュニケーション)
北京萬通中心
12/05(金) クリティカルシンキング
(問題解決)

■備 考

  1. 1科目から必要な科目を受講していただいても、ご自由に組み合せて受講頂いても結構です。但し、ビジネスプレゼンテーションとビジネスファシリテーションはクリティカルシンキングセッションを事前に受講していることが申込条件となります。
  2. 公開講座時間:9:00-17:00
  3. 本公開講座の申込締切はセッション実施日15日前とさせていただきます。

※本公開講座は上記の日程・都市に開催する予定です。尚、各企業様のご希望に応じて、上記以外の日程で追加開催することも可能ですので、お気軽に相談ください。  お問い合わせフォーム

エグゼクティブ・マネジメント・プログラム

科目詳細

クリティカルシンキングの実施内容
第一回 伝える力(コミュニケーション) 第二回 問題解決の基本
目的 説得力のあるコミュニケーション力強化 問題解決のスピード、精度の向上
内容
■論理思考を身につけることの意味合い
・論理思考力が高まると何が良いのか?
・主張する際の自身の課題は何か?
 どう改善していけばよいか?
<演習問題> Ⅰ
■説得力のある主張をするために必要なこと
<演習問題> Ⅱ
■構造化をすることのメリットと考え方
・どうしたら事象や相手の話しをわかりやすく
 整理できるか?
・思いつきで仮説を考えていないか?自分や
 相手にとってどんな意味合いがあるか?
・演繹的思考/帰納的思考
<演習問題> Ⅲ
■仮説を導く際に意識するべきこと
<演習問題> Ⅳ
■物事の本質を考えるために必要なこと
・物事を具体的に見ていくとはどういうことか?
 どんな思考をすればよいのか?
<演習問題> Ⅴ
■問題解決をする際に踏むべきステップ
・表面的な事象を問題と捉えていないか?
・すぐ打ち手を考えていないか?
<演習問題> Ⅵ
■振り返り
・学びを振り返り、実務での活用イメージを
 言語化する
リーダーシップと影響力の実施内容
第一回 リーダーシップ 第二回 影響力
目的
  • 自分がリーダーシップを発揮することの役割認識を強化する
  • 実務でのありたい行動を自身の課題と紐づけて具体的に理解する
  • 周囲(上司・部下・他部門)を動かす際の要諦・難所を押さえる
  • 影響力を発揮する際のアプローチの幅を広げる
内容
■リーダーの役割を考える
リーダーの役割とは何か?
リーダーが押さえるべき行動とは何か?
(型の理解)
<題材> ケース「4人の営業所長」
■リーダー行動を具体的に考える
リーダー行動の“型”それぞれについて、自分が意識していることは何か?
具体的にどこまで考えているか?
できていない原因は何か?
<題材> ケース「モトアシデベロップメント」
■改善行動のコミットメント
コミットメントシートへ、セッションを通じて認識した自身の課題と改善行動を言語化する
■チームを動かしていく手法の習得
リーダーとして、年齢、役割が多様なメンバーが集まるプロジェクトをどのように進めていけばよいかを理解する
<ケース>モトアシデベロッパーメント
■上司、部下、他部門を動かす
主に上司に対して影響力を発揮する際の要諦・
難所

 ・影響力発揮のために踏むべきステップ
 ・彼我のパワーバランス分析
 ・感情的コンフリクトが生じる要因
 ・上司との「相互補完関係」の構築
<題材> リサベントン(HBSケース)
■改善行動のコミットメント
コミットメントシートへ、セッションを通じて認識した自身の課題と改善行動を言語化する
ビジネスプレゼンテーションの実施内容
ビジネスプレゼンテーション (Business Presentation)
目的 プレゼンテーションの効果性を高めるために、自身の課題と改善方法を理解する
内容
■プレゼンの目的を押さえることの重要性
■聴き手を分析することの重要性
相手を動かすためのストーリー(メッセージの流れ)の組み立ての考え方とは?
聴き手は今どこにいて、どのように感じ・考え、どこに行きたいのか、
相手の関心事に応えるために考えるべきことは何か?
■ストーリーラインの作り方
■メッセージとボディ(資料)の作り方
プレゼンで押さえておくべきことは何か?
それらのポイントをどの程度まで考えなくてはいけないのか?
相手に伝わるスライド(資料)作成の手法とは?
■振り返り
学びを振り返り、実務での活用イメージを言語化する
ビジネスファシリテーションの実施内容
ビジネスファシリテーション (Business Facilitation)
目的 効率的な議論を通じて、効果的な課題解決(合意形成)を行うために、
議論の場の設計(仕込み)、議論の流れの作り方(さばき)を理解する
内容
■ファシリテーターの役割理解
■議論の場の「仕込み」の仕方
ファシリテーターとは何をする役割を担っているのかを理解する
・議論の場の「仕込み」の必要性とステップを理解する ー目的の設定と参加者分析
ー議論の枠組みの設計
ー感情のステップ
<演習問題(ロールプレイ)>
■議論の場の「さばき」の仕方
 議論の場の「さばき」のポイントを理解する
参加者の発言の整理
質問で発言を引き出すコツ
対立のマネジメント
集団をまとめていくポイント
<演習問題(ロールプレイ)> 
■振り返り
学びを振り返り、実務での活用イメージを言語化する

ご利用・お申込み方法

ビジネススキル強化プログラム

プログラムへのお申込みは、各企業様の人材育成ご担当者様を通してお申し込みを頂きます。
まずは以下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

エグゼクティブ・マネジメント・プログラム

グロービス(日本)が提供する各種スクールへのお申し込みは、各企業様の人材育成ご担当者様を通して「法人派遣担当者様専用WEBページ」よりお申し込みを頂きます。
まずは以下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 お問い合わせフォーム